妊娠初期の膀胱炎。妊婦に優しい対策アリ

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠初期と膀胱炎の関係

妊娠初期に初期症状として尿道口が敏感になり、おしっこが近くなったり、子宮の成長につれ、膀胱が圧迫されて膀胱が空でも残尿感の症状がでてきたりします。
トイレの回数が多く、おしっこの度、痛みがあり、熱まででる場合は 膀胱炎の可能性が非常に高いので すぐに病院、産婦人科で受診しましょう。
漢方薬での治療もあります。

スポンサード・サーチ

妊娠初期の膀胱炎の原因


妊娠すると、おりものが増えていく上に、細菌に対する抵抗力が減ってくるため膀胱炎にかかりやすい時期です。
カンジタ腟炎にかかりやすいのも、おりものが増え 細菌が腟内に侵入するためです。

 

膀胱炎も同じで、細菌が尿道に入り込み 膀胱炎となってしまうのです。

 

 

膀胱炎の予防法

予防として、抵抗力をつける!
というのが一番ですが、妊娠初期はサプリメントの乱用も怖いですので
体力の低下を防ぐことが大事です。

 

つわり で食事が満足に取れないかもしれませんが、できるだけバランスよく食事をして 病気に強い体を妊娠中からも保つことが大事です。

 

また、おりものケアも大事で おりものシートや下着をこまめに変える。
外陰部の清潔を心がける。に注意して 膀胱炎を防ぎましょう。

妊娠初期には飲みたくない膀胱炎の薬

膀胱炎に なってしまうと 妊婦でも 抗生物質が投与されます。
抗生物質は、妊婦が服用しても安全な薬を処方されるので 膀胱炎を悪化させないよう きちんと服用しましょう。
産婦人科によっては、漢方薬を処方してくれるところもあります。

 

膀胱炎は そのままにしておくと、腎臓疾患を併発してしまいますので 薬はきちんと服用しましょう。

 

 

妊婦中に薬の服用はどうしても嫌!
そんな人には、
クランベリージュースが おすすめです。

 

 

クランベリージュースとは?


クランベリージュースは、抗生物質に変わる治療薬とも言われているほどの 殺菌作用の高いジュースです。

 

主に、歯周病や膀胱炎、尿路感染症、ピロリ菌などの治療に使われています。
今までの 治療では効かなくなった大腸菌への対抗策としても 使用されています。

 

クランベリージュースは、あまりスーパーでは見かけませんが もし、見つけたらタンニンかクランベリージュースの濃度が高いものを選んでください。

 

ただし、妊娠初期は冷たい飲み物を 飲みすぎるとよくありませんので
膀胱炎だからとクランベリージュースの飲みすぎにも注意が必要です。

妊娠初期に気をつけること〜一覧

スポンサード・サーチ