妊娠初期のカフェインと胎児の関係

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

妊娠初期のカフェイン

スポンサードリンク

私は、タバコもコーヒー(缶コーヒー)も大好き。
妊娠前から コーヒーは1日2〜3杯は飲んでいました。

妊娠したからって、習慣となってしまっているコーヒーをやめれず 赤ちゃんに影響があるのでは?
でも、1日2〜3杯なら大丈夫って聞いたことあるけど・・・。

どこまで飲んでいいのか
よく わかりませんでした。

色々、調べたり、産婦人科で聞いた
カフェインについての お話を書いておきます。

カフェイン摂取が気になる妊娠初期のママのお役に立てればいいです。

胎児に与えるカフェインの影響とは?

コーヒーを眠いときに飲むと 眼が冴えて眠気がなくなる。
と、よく言いますよね。

 

これと同じで、妊娠初期から妊娠中、また授乳中に カフェインを大量に摂取しすぎていると、
出産後の子供に 落ち着きが見られなかったり、

不眠、興奮状態などのある子になると言われています。
まだ、はっきりと カフェインの影響によるものとは、断言できませんが

このような可能性もあるようです。

 

さらに、妊娠初期の胎児に胎盤を通して カフェインが送られていきます。
胎児は内臓がしっかりと出来ていないため、体内で分解できず

ママが摂取したカフェインそのものが 胎児に送られてしまいます。

 

しかし、これらは、毎日大量摂取した場合に与える影響です。
普段のカフェインの量が 1日、2〜3杯ならなんの問題もありません。


カフェインの量を調節しながら おいしく飲もう!

カフェインは、代表的なものだと
コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶

普段は気にしないような飲み物にも 結構カフェインが入っています。

 

妊娠初期は、胎児の体や頭が形成されていく大事な時期なので、
妊娠初期のお母さんは 特に影響がないか心配ですよね。

 

一般的に、一日のカフェイン摂取量は、
コーヒーだと3〜4杯(多くて)と言われています。

コーヒーだけではなく、他の飲み物にも カフェインが入っているので、
どうしてもコーヒーを飲みたいのであれば、

コーヒー以外の飲み物を 麦茶にするなど
カフェインレスの飲み物にしましょう。

 

カフェインの量が一番多いのは、紅茶、次にコーヒーです。

 

普段の生活で、カフェインの摂取量(1日何杯ぐらい飲んでいるか)を元に、
妊娠中は、カフェインを含む飲み物を 1日 2〜3杯までにするようにしましょう。

 

胎児に影響を与えてしまう量とは、
カフェインを含む飲み物を

毎日バケツ1〜2杯飲むと 胎児に影響があると言われています。

 

普段の量が、2〜3杯なら 気にするほどでは ありません。

 

 カフェインを摂取する時間帯も重要

カフェインを多く取り過ぎると、鉄分不足になり、
妊娠中の貧血などを引き起こしてしまいます。

 

さらに、食後にコーヒー1杯のむだけで、鉄分が奪われていきます。奪われる鉄分は、なんと60〜80%だと言われています。

 

ほとんどの方が、食後にコーヒーやお茶を飲むと思いますが、
食後1時間以上経過してから、カフェインを取ると、

鉄分を奪われることなく 貧血状態にもならずに済みます。

 

 妊娠中の頭痛薬

実は、カフェインを含むコーヒーなどの取り過ぎは良くないと
言っているのは、日本ぐらいだそうです・・・。

 

海外(たぶんアメリカ…忘れましたが笑)で出産した日本人の友人は、カフェインを含む飲み物を一切摂取しないようにしていました。
しかし、もともと頭痛もちで、痛くて仕方なく 産婦人科へ行くと

薬が嫌ならコーヒー飲んでおくと 頭痛和らぐよ。
と教えられたそうです。

 

海外では、カフェインの摂取は控えましょう。
なんて一言も 言われなかった!!

代わりにコーヒー飲め!って言うからびっくりした!!
と言っていました。

 

沈静効果もあるカフェインでした。

 

 

コーヒーは飲みたいけど、やっぱりカフェイン心配・・・。
そういうときは、やっぱり

たんぽぽコーヒーでしょう。
あまり おいしくないと聞きますが・・・。

コーヒーを飲んだ!!という気が欲しければ、おすすめします♪

スポンサードサーチ

fx