妊娠初期の貧血は恐い

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠初期の貧血〜原因は?

妊娠初期の貧血はなぜ起こってしまうのでしょうか?
貧血は、体に必要な鉄分が不足してしまい、ふらつき めまい、動悸、息切れ、疲れ、冷えが引き起こされてしまいます。
いわゆる「鉄欠乏症貧血」です。
これは、食事の偏りが貧血の原因ともいわれています。
貧血になってしまうと、
足元がふらついたり、突然、暗闇に襲われたりして、倒れたりと、
妊娠初期でなくてもとても危険です。
ふらついて、ぶつけてしまった場所が
お腹であったら 流産や切迫流産の危険性もあります。
貧血と診断されたら、食生活を見直したり、サプリメントで鉄分の補給をしましょう。

スポンサード・サーチ

妊娠初期の貧血と妊婦


なぜ、貧血症状が 妊娠初期や妊婦に起こりやすいのでしょうか?

 

妊娠初期は、妊娠前から母体に蓄えられていた鉄分が 胎児へ血流と共に送られていくため、不足しやすくはありません。
しかし、もともと、貧血気味であった場合は、
体内の備蓄されている鉄分も少ない為 胎児に母体の鉄分を送り続けているうちに
鉄分不足となってしまい、貧血を引き起こしてしまうのです。

 

妊娠前の生理のときも、貧血気味だった人などは、
妊娠をきっかけに食生活を見直していきましょう。

 

妊娠初期は、胎児も まだ小さいので、それほど鉄分は必要ではありませんが、
胎児の成長とともに、鉄分の量も多く必要となっていきます。
妊娠中期、後期のための準備をしておくと良いでしょう。

貧血は胎児やお産に悪影響


酸素や栄養分は、胎児に優先的に運ばれていきます。
もしも、貧血が重症化してしまったら、
母体の血液が薄くなり、血液中の酸素や栄養の濃度も薄くなるため、
胎児の発達に影響がでてきます。

 

出産時にも、貧血は悪影響を与えてしまいます。
赤ちゃんが子宮から出ると、その後、胎盤もはがれて お産の終了となります。
このとき、個人差はありますが、胎盤がはがれ落ちる影響で、多量の出血があります。
貧血でいる場合、出血がなかなか止まらない、血が固まらないといった症状がでて、
大変危険なケースもあります。

 

 

貧血の予防と対策

産婦人科で、血液検査をします。
貧血の方は、血液検査の数値によって、 「貧血」と判断されるので、貧血との診断の場合は、病院から指導がありますので、その指導に従ってください。

 

しかし、数値が貧血ではないが、貧血の一歩手前の数値であった場合、
貧血の自覚もないため 大変危険です。
よほどの重度の場合以外、
次回の血液検査まで 貧血の判断がなされませんので、普段から鉄分不足には注意しましょう。

 

一番、良いのはバランスの良い食生活。
鉄分不足でも、動物性鉄分の取り過ぎは 妊娠初期にはよくありませんので、
気をつけましょう。
いくら摂取しても良いのは、野菜と海藻類です。
とくに、ひじき などの黒い海藻類は良いとされています。

 

妊娠初期に気をつけること〜一覧

スポンサード・サーチ