妊娠初期の仕事

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠初期の仕事

妊娠初期の仕事について。
仕事は、基本的に今までと
同じように していて構いません。
妊娠したからといって、辞める必要もありませんし。
もし、会社に妊娠したと言い出しにくい。
そう思っているなら、できるだけ早く
職場に妊娠したことを報告しましょう。
なぜなら、もし、無理な作業や残業などを会社の方が お腹の赤ちゃんを気遣ってくれ、
妊婦さんには させないようにしてくれるでしょう。
お腹の赤ちゃんを考えるとちゃんと、妊娠していることは、言うようにしましょう。

スポンサード・サーチ

妊娠初期の仕事は軽作業で。


今の仕事がハードなもので、職場の変更を考えているなら
軽作業や デスクワークなどに変えてもらいましょう。

 

立ちっぱなしの仕事だと、むくみ の原因にもなります。
悪阻がある場合、つわり がひどい場合は、
少し横になって休める体制にしてもらいましょう。

 

妊娠初期の仕事上のストレス

妊娠初期は、仕事をしていない妊婦でも、
少しのことでイライラしてしまったりするのに
仕事をしていると なおストレスが溜まりやすい環境でもあるし、
一日中、家にいるよりは、ストレス発散になる。という場合もあります。

 

仕事場では、妊娠していることを ちゃんと告げて、
無理な仕事を与えられないように、体が疲れたら休める環境を作ってもらいましょう。
お腹の中には、大事な生命が宿っているので、遠慮する必要もありません。

 

妊娠初期に仕事のストレス(仕事だけではありませんが)が大きいほど
胎児の発達に影響があると言われています。
成長が遅く 胎児が小さいという ストレスと胎児の成長の関係があると言います。
ストレスが流産を引き起こすこともありますので、ストレスをため込まないようにしたいものですね。

 


もし、妊娠していると職場に告げたのに、残業や無理な作業、
休める時間を作ってもらえない、などの悩みがあれば医師に相談しましょう。
医師が妊婦に対して指導した事柄を職場に明確に伝えるための
母性健康管理指導事項連絡カード
というものを発行してもらえます。

 

 

 妊婦を守る法律

産休について産前産後の女性労働者 産前6週間(双子以上は14週間)、産後8週間。
産前休業期間は出産予定日を基準に計算し、出産当日は産前休業期間に含まれる。
産後休業期間は、出産日を基準に計算。
有給か無給かは事業所ごとに異なるので、確認を。
無給の場合は、健康保険から被保険者に出産手当金が支給される。

 

出産手当金について出産のために会社を休み、給料の支払いを受けなかった健康保険の被保険者。
産前産後の休業期間で、会社を休んだ日数分支給される。
休業1日につき、標準報酬日額(健康保険では保険料の計算などをするための基礎として、被保険者の賃金(給料)に基づいて標準報酬を決めている。実際の賃金ではない。)の60%

妊娠初期に気をつけること〜一覧

スポンサード・サーチ