妊娠初期の出血は流産?ただの生理?

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 がっつり節約ブログ

妊娠初期に出血したら。

妊娠初期の出血って本当びっくりしますよね。
妊娠がわかっている方なら、
「えっ?生理?」
なんて思わず、「流産?」と思ってしまいますよね。
でも、初期の出血が すべて流産によるものではありません。
出血した〜どうしよう。と慌てずに落ち着いてください。
まず、妊娠している!!と産婦人科で告げられた人は、妊娠週数、出血の量、色、状態(おりもの混じりか?)まど出来るだけ詳しく把握して、産婦人科へTEL。
産婦人科へは行っていないが、妊娠検査薬で陽性だった。
という人も、とりあえず 産婦人科へ電話して指示を仰いでください。

スポンサード・サーチ

妊娠初期の出血が茶褐色で長く続く。


茶褐色の出血が長く続く場合、子宮外妊娠の可能性があります。
子宮外妊娠の場合、受精卵が胎児として成長することは不可能です。

 

初期段階で、自然に流産をしてしまうか、
激しい下腹部痛と共に、茶褐色の出血が続くこともあります。

 

子宮以外(卵巣)に着床してしまった場合、
最悪のときは、卵巣破裂などの危険があります。

妊娠初期の出血が鮮血・・・。

一般的に、茶褐色の出血は 古い出血で緊急性はありません。

 

しかし、鮮血の場合は、新しい出血で緊急を要することもあります。
何らかのトラブルが発生したという印です。

 

子宮びらん やポリープなどにより 新しく出血した場合は、
様子を見たり、場合によっては切除する処置がとられます。

 

しかし、子宮内に血が溜まると、胎児が成長できなくなります。
出血の原因が 何による出血なのかの判断は
医師でないと判断できませんので、すぐに診察を受けましょう。

妊娠初期の出血と流産

妊娠初期は、流産のしやすい時期です。
超初期の場合は、流産をとめることはできません。
受精卵側に問題のある場合が ほとんどですので。

 

出血が少し続き、塊のようなものがでてきたら 流産している可能性があります。
すぐに病院へいって、処置してもらう必要があります。

 

止血剤を飲んでいる・・・。
流産の可能性が高いので、止血剤や張り止めの薬などを飲んでいる人も多いかと思います。

 

薬を飲んでいても、出血が続き、塊が お腹から 滑り落ちてくる感覚にみまわれたら、
流産した可能性が非常に高いです。

 

下腹部に痛みがなくても、すぐに産婦人科へ連絡して、受診しましょう。

 

 妊娠初期の出血の原因と種類

妊娠初期に出血する場合、流産とは別に出血することがあります。

 

着床出血(月経様出血)
受精卵が子宮に着床したときの刺激で出る出血。主に、生理予定日 前後に出血することから 月経様出血と言われます。

 

子宮外妊娠
茶褐色の出血が長く続くことが多い。子宮外妊娠の場合は一刻を争う場合がありますので、出血の際は すぐに産婦人科での受診が必要です。
多くは、下腹部痛を伴います。

 

絨毛下出血
胎児の成長に伴い子宮が大きくなるにつれて、胎盤が引き伸ばされたり、少し剥がれたりするときに出る出血。妊娠初期にはよく見られることで胎盤が完成される妊娠4〜5ヶ月には治まっていきます。
今、考えると私の繰り返す出血は、絨毛下出血だったのかもしれません。
医師は、受診する度、問題のない出血です。で、一応、安静。
ということでしたので・・・。

 

流産・切迫流産による出血もあります。

 

出血の量や色で、危険な出血か 大丈夫な出血かなどの判断がされますので、
まずは、産婦人科へ 出血の状態を連絡して 指示をもらいましょう。

妊娠初期の特に注意する点〜一覧

スポンサード・サーチ