妊娠初期の破水。これって おりもの?

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 がっつり節約ブログ

妊娠初期の破水

妊娠後期になると破水してしまう可能性は非常に高くなります。
しかし、妊娠初期にも、破水してしまうこともあります。
破水の量も少量おりもの?と判断がつきにくい量の場合もあれば、
ダラダラと流れる破水もあります。
破水しているかも…と感じたら、
少量の場合でも 産婦人科に連絡して受診しましょう。

スポンサード・サーチ

妊娠初期に破水したら赤ちゃんは?

妊娠初期の破水は、流産する可能性が非常に高いです。
初期の破水の場合、助かる可能性は低いと言われています。
子宮内の羊水が減っていくと、赤ちゃんが生きて成長していくことができません。
破水して、羊水がないと 妊娠反応があっても 堕胎手術のような処置をされてしまいます。
大変、辛くて悲しいですが 医師の処置に従うしかない現状です。

 

 

 破水したけど無事出産

妊娠初期に破水してしまったけど、無事出産された方もいます。

 

破水して羊水がかなり減っていましたが、
安静を告げられ 安静にしていたら 羊水が増えてきて 胎児も無事成長し、
出産できたということです。

 

 

羊水が少ないと感染症の恐れがあり、大変危険ですが 安静にしていたら 大事に至らないだろうという医師の判断で 無事出産できるのです。

 

安静を言われているのに、動いてしまうと流産を引き起こしますので 指示に従いましょう。

安静にしていたのに…

安静にしていたのに…
破水して安静にしていた、入院していたのに流産するケースもあります。

 

絶対安静を言われて、指示に従ったのに…
でも、これは どうしようない 止めることの出来ないことです。
すぐに次の妊娠を。
なんて気分にはなれないと思いますが、
次に妊娠するときのために 破水後の感染症には気を付けましょう。

 

 

 破水とおりもの

少量の 水っぽい液体が出てきた。これは おりもの?
それとも破水?
はっきり わかりにくいと思います。

 

妊娠初期も それ以降も おりもの の量が増える上に、
水っぽいサラサラした おりもの の時もよくあります。
さらに、尿モレ?と思う場合もあります。

 

水っぽいものが 何なのか判断が出来ませんので、
少量で迷った場合は 産婦人科で受診しましょう。

 

検査により、破水したのかどうか わかります。

妊娠初期の特に注意する点〜一覧

スポンサード・サーチ