妊娠初期のお酒〜アルコールが与える影響

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 がっつり節約ブログ

妊娠初期のお酒

妊娠に気づく前に飲酒をしていたけど、大丈夫??
アルコールって、胎児にどんな影響を与えるの?
お酒は、タバコほど危険だから絶対やめなさい!!
という緊急度はないように感じてしまいます。
しかし、タバコよりアルコールの方が危険とみる人もいるようです。
実際、私も、妊娠に気づく前は、
浴びるようにのんでいました・・・。
でも、一人目も二人目も無事に生まれ、今のところ元気に育っています。
だからといって、妊娠中のアルコールはおすすめできませんが。

スポンサード・サーチ

妊娠初期なら お酒は飲んでもいい??

妊娠初期のアルコール
私の場合は、妊娠初期にお酒を飲んでいました。
でも、妊娠に気づいたら 飲まないようにしましたが。

 

気づく前に飲んだ アルコールのことが、とても気になり心配でしたが、
産婦人科で聞くと、アルコールが何らかの影響を胎児に与えていたら、
すでに流産していますよ。

 

アルコールによる影響はないに等しいでしょう。
とのことでした。

 

今まで、飲んでいて その影響が心配・・・。
そんなときは、医師に尋ねるのが一番でしょう。

 

飲んでいた量などにもよりますが、
たいていの場合、少量なら 影響はないといわれています。

妊娠初期のお酒の影響

アルコールが胎児に及ぼす影響は、
何らかの影響がある場合は、初期段階で流産となっていることが ほとんどです。

 

これは、生まれてきた赤ちゃんに何らかの障害がある場合ですが、
妊娠中(とくに初期)にお酒を飲んでいた人と、飲んでいない人とでは、
胎児が奇形を伴って生まれてくる可能性は お酒を飲んでいた妊婦の方が高いようです。

 

妊娠がわかってからも、毎日、少しでも お酒を好んでのんでいる妊婦さんの、
1000人に0.1〜0.05人に一人に 発達障害や行動障害などの障害や
奇形があらわれることもわかってきています。

 

すべてが、お酒だけの影響との確定はできていませんが、
胎児は お腹の中でも日々、脳が発達していっています。

 

その脳の発達の妨げになっていることは事実です。
妊娠したとわかった時点でも良いので、 アルコールはやめるようにしましょう。

妊娠初期の特に注意する点〜一覧

スポンサード・サーチ