妊娠中期・後期の出血

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠中期・後期の出血は不正出血?

妊娠中期・後期では、初期の頃に比べると 出血はないことが ほとんどです。
しかし、前置胎盤、胎盤早期剥離、後期流産、切迫早産、絨毛膜出血、内診による出血、子宮筋腫やポリープ、びらん など様々な理由があります。
すべての出血が この症状による出血にあてはまるわけでは ありませんが、
少しでも心配な場合、少しでも迷ったら産婦人科に電話だけでもして受診するべきか相談しましょう。

スポンサード・サーチ

出血の主な原因

前置胎盤

子宮が大きくなり胎盤が引きのばされるため、その刺激で出血することも。
お腹の痛みは ほとんどなく、色は鮮血なものが多い。
出血があったり、止まったりと繰り返します。

 

胎盤早期剥離

通常は、出産後に胎盤が剥がれて、分娩が終了するのですが、分娩前に胎盤が剥がれてしまうこと。
胎盤の剥がれる量が多いと大量出血が起こって とても危険。

 

後期流産(切迫流産)

妊娠12週〜22週未満の流産のこと。大量の出血で激しい痛みを伴う。
この時期に生まれた赤ちゃんは、保育器でも育つことが困難ですが、切迫流産をとめることができれば、妊娠の継続も可能です。

 

切迫早産

22週〜36週までの出産のこと。
強いお腹の張りと痛みがあります。

 

絨毛膜下出血

胎盤が完成する16週までは、月経よりも少なめの出血が続くことも。
胎盤の下にひらひらと毛のようなものが あたってその刺激により出血。
特に心配はいらない出血。
色は、褐色、茶褐色、黒色がほとんど。
私の出血も たぶんこの絨毛膜下出血であったと思います。
毎回、異常のない出血との判断でしたから。でも、何度かは一応安静とのことでした。産婦人科医でも、その場で 判断は難しいのでしょうか?

 

内診、性行為による出血

定期健診の際、まい進を行うことがあります。後期になれば、2週間の1回、出産前では、1週間に1回内診があります。
その時の刺激により、少量の出血がでることがありますが、心配はいりません。
出血が止まらず、量が多い場合はすぐに受診を。
性行為でも、刺激で出血する場合も。
この時も量が少なく、すぐに止まれば大丈夫です。

 

おしるし(血性分泌)

いよいよ出産!!
と思われがちですが、実は 分娩の1週間前に おしるし がある人も。
子宮口が開き始めると、粘液に混ざって出血するのが おしるし。
しかし、おしるしのないまま出産に至る人もいますので、必ずしも おしるし があるわけではありません。
私は、一人目の時は、陣痛が5分間隔できている最中に おしるしが。
二人目の時は、おしるし は ありませんでした。

不正出血とは?


妊娠中の出血とは、どんなに少量でも心配ですよね。

 

ほとんどが心配のないものですが、
不正出血についても説明しておきます。

 

主な不正出血は、
子宮筋腫・びらん・ポリープ これらは、心配のいらない出血に部類されます。
出産後に何らかの処置があるかもしれませんが、妊娠は通常通り継続され、出産を迎えることが ほとんどです。

 

子宮頚ガン・子宮がん・膣ガンによって不正出血がある場合も。
このような場合は、出産後、妊娠中でも手術の可能性もあります。

 

 

出血の色


出血の色が、鮮血に近いほど 新しい出血。
トラブルがおこったばかりの出血です。
色が濃いほど出血の量が多く、色が黒いほど古い出血です。

 

また、病院へ電話で出血の状態を伝えるときにも
病院が心配のないものかどうか判断づる材料になりますので、
出血が おりもの混じりか?
色はピンク・ベージュ・褐色・茶褐色・鮮血・黒色など きちんと伝えるようにしましょう。
また、かたまり があるか?
なども確認しましょう。

妊娠中期・後期トラブルと危険の一覧

 妊娠中期・後期トラブルと危険
       ├お腹の痛み、下腹部痛
       ├妊娠中期・後期の出血
       ├妊娠中のお腹の張り
       ├早産の予防
       ├流産の症状と原因
       └妊娠中の破水

スポンサード・サーチ