妊娠中期・後期のお腹の痛み、下腹部痛

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠中期〜後期の下腹部痛

アナタの妊娠中期・後期の下腹部痛は、どんな症状ですか?
出血はありますか?
熱は?
破水してないか?
痛みは軽い?重い?
胎動はありますか?
このような症状と共に、下腹部痛がある場合は すぐに受診しましょう。
人によって違いますが、下腹部痛が生理痛のようなチクチクする痛み。
生理痛に似た軽い痛み。という人もいます。
痛みが軽く、横になっていれば治まる場合は、様子を見て大丈夫です。

スポンサード・サーチ

下腹部痛の原因とは?

妊娠中の下腹部痛の考えられる原因は、いくつかあります。

 

子宮円索の痛み
便秘
切迫早産
盲腸

 

お腹の痛みが 耐えられない痛みの場合は、
出血がなくても すぐに産婦人科を受診しましょう。

 

 

子宮円索とは?

子宮を支えている子宮円索は、子宮の横から両足のつけ根に向かって伸びています。
そのため、お腹が大きくなっていくと、下腹部や足のつけ根が痛むことが よくあります。
通常は、片側だけが痛む場合が多く、横になって休むと痛みが 治まるころがほとんどです。

 

便秘による下腹部痛

便秘やガスが溜まっていると 下腹部に痛みがでることも。
あまりにも ひどい便秘の場合は、病院で便秘薬を処方してもらうか、
健康食品でも 便秘改善できるものが多いので試されても良いでしょう。

 

切迫早産

下腹部痛というより、子宮収縮が頻繁にあり、早産の危険が非常に高い状態です。
原因は、子宮内にバイ菌が入り込んだり、破水してしまった場合に 子宮収縮が起こり、下腹部痛が伴う痛みがおきます。

 

虫垂炎(盲腸)

症状として、お腹の上部が痛み、吐き気・下痢がおきてしまい、痛みが下腹部痛にうつっていきます。妊娠中は、虫垂炎が重症化してしまう危険があるため、妊娠中でも手術をすることが多いです。

ほとんどは心配のない下腹部痛。


妊娠中期以降は、ほとんどが 子宮が大きくなるため、
下腹部痛を伴ったり、羊水や胎児の体重が増えるため、お腹に圧迫感が加えられるために起こる痛みです。

 

まれに、子宮筋腫が原因であったり、その他の病気による場合もあります。

 

しかし、生理痛のような痛みだったり、出血もない、破水もない、少し横になると
痛みがなくなる。
という場合は、様子を見て大丈夫な下腹部痛です。

 

心配な場合は、どんな時でも 病院で受診しましょう。
心配しすぎて、ストレスを抱えることの方が、妊娠中はよくありません。

妊娠中期・後期トラブルと危険の一覧

 妊娠中期・後期トラブルと危険
       ├お腹の痛み、下腹部痛
       ├妊娠中期・後期の出血
       ├妊娠中のお腹の張り
       ├早産の予防
       ├流産の症状と原因
       └妊娠中の破水

スポンサード・サーチ