妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠初期と飛行機

妊娠初期に飛行機に乗る場合は、
航空会社に事前に妊婦であることを伝えておきましょう。

 

空港にも早めに到着するようにし、手続きも早めにしておきましょう。
その際、妊婦であることを伝えておき、席を窓際に。
足元の広い席、トイレに近い席など指定できる場合もあります。

 

妊娠していると告げておくと、荷物を運んでくれたり、色々と気を使って頂けたりします。

スポンサード・サーチ

妊娠初期の飛行機のX線の影響

飛行機のX線は、胎児に悪影響を与える可能性がある。
と言う人もいますが、飛行機のX線はごく微量のため胎児に影響を与えることはありません。

 

影響を与えるとすれば、X線を気にしすぎて、ストレスにより流産などの兆候がでてしまうことです。

 

どうしても気になるなら、係員に妊娠初期だと伝えると、X線を通らずに済む場合もあります。

妊娠初期の飛行機。国内移動

妊娠初期の飛行機。国内移動

妊娠初期の国内を飛行機移動するだけなら問題はありません。
ただ、飛行機に乗ることで不安やストレスを感じるなら乗るのはやめておきましょう。

 

つわり がある人や医師に安静を告げらている人はやめましょう。
飛行機に乗って急に体調が変化したりする場合もありますので、スムーズに対処できるように事前に航空会社へ伝えておきましょう。

 

 

 

妊娠初期に飛行機で旅行

妊娠初期に飛行機で旅行体調も良い時に、飛行機に乗るだけなら特に問題はありません。
しかし、旅行となると荷物もあるし、移動も多い、時間もかかる、旅行に夢中で体のことを忘れてしまう
人が多い時期は、バスなど待っている間立ちっぱなしかもしれません。

 

そういった、疲れやストレスのせいで出血したり、悪阻がひどくなる可能性もあります。

 

妊娠初期の旅行は、ストレスを感じないようにし、こまめに休憩を取りながらにしましょう。

 

 

 

妊娠初期の飛行機は流産する?

妊娠初期に飛行機に乗ったから流産するわけではありません。

 

飛行機に乗ると振動や放射線、普段は考えないようなことで悩むことがあると思います。
不安がストレスとなり、そのストレスが流産へと繋がることがほとんどです。

 

確かに、振動や気圧がお腹を圧迫してしまう可能性はあります。
その点では、新幹線の方が良いでしょうが、どちらにしろストレスを溜め込みやすい人は
流産を引き起こす危険が高くなりますので 不安な場合 乗るのはやめておきましょう。

妊娠初期の旅行と乗り物〜一覧

スポンサード・サーチ