妊娠初期の新幹線などの乗り物移動

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

妊娠初期の乗り物移動について

スポンサードリンク

妊娠初期は流産しやすい時期なので、乗り物で移動する際の振動が気になる人が多いのではないでしょうか?
基本的に乗り物全般大丈夫です。

でも、ジェットコースターなどの絶叫系はだめですよ!
悪阻が ひどい人が酔いやすい乗り物に乗ることや 出血があるのに自転車に乗ったり、普段乗らないのにわざわざ妊娠初期に自転車に乗り始める。などの行為はやめておきましょう。

つわりがひどい場合などは、公共の乗り物での移動は迷惑な場合もありますので、自家用車やタクシー(運転手さんには悪いですが)を利用するようにしましょう。
乗り物全般大丈夫でも、妊娠していることに変わりはないので、疲れたら休めるか、荷物は持たないで済むか、同じ姿勢でいない、体を冷やさない等の注意が必要です。

無理をせずに自己責任で。

妊娠初期の新幹線

新幹線は飛行機と違い、離着陸の揺れや振動、気圧の変化による、お腹の圧迫もないので新幹線は良いでしょう。

 

しかし、新幹線内のトイレ移動混雑時の通路の狭さなど、普段と違う疲れも出て、出血やお腹の痛みなどある場合もあります。

 

新幹線に乗ったことだけで、流産するわけではありませんが、様々な危険因子が重なって流産してしまう可能性はありますので不安な場合は控えましょう。

妊娠初期の自転車

妊娠初期の自転車

自転車は振動が直接お腹に響くため出来れば乗らない方が良いでしょう。

 

毎日のように自転車に乗っているならどの道が危険か。
振動がくるかなどわかると思いますので、注意しながら乗るようにしましょう。

 

普段乗らない方が、急に自転車に乗るのはやめましょう。


 妊娠初期の電車移動

妊娠初期の電車移動

電車移動も普段通勤で利用しているなら、体調が良ければ大丈夫でしょう。
しかし、悪阻がひどい場合は、混雑の時間を避ける。
など、必要に応じて対処しましょう。

妊娠初期のバス旅行

 

バスに乗ること自体は、危険ではありませんが 乗り降りの際の足元混雑時に座れない
など妊娠初期には、辛いこともあります。

慣れている人でも 混雑を避けて乗りましょう。

 

バス旅行となると、自分1人疲れた、少し休憩を。
ということは、無理ですのでやめておきましょう。

妊娠初期のバス旅行

体調も悪く、悪阻もある場合は乗り物はNGです。
体調が良くても後から疲れが出てしまったり、流産や切迫流産の危険があったりします。

乗り物に乗って移動時間も長く、後から切迫流産気味と言われたが、安静にしていて無事出産できた。
という人もいれば、こまめに休憩を取って、気をつけていたのに流産した。

という人もいます。

 

結局は、結果論です。
何事も自己責任となりますので、少しでも不安なら 乗り物は乗らないようにしましょう。

スポンサードサーチ