妊娠中のパーマ、カラー、エステ、アロマに脱毛。全部ダメ??

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠中の美容室でのカラーやパーマ

妊娠中でも美容室での カラーやパーマは大丈夫。

 

ただし、悪阻がない場合です。
つわり の真っただ中に美容室で、カラーやパーマをしても臭いに敏感だと 吐き気がきたりして、美容院側にも迷惑ですし 他のお客様にも迷惑をかけてしまいます。

 

美容室に行くなら、安定期に入ってから。
つわり が治まってから。 が良いでしょう。

 

しかし、妊娠中は、ホルモンバランスが崩れ、肌荒れしやすくなり 薬剤で皮膚がかぶれてしまうこともあります。

 

面倒ですが、パッチテストをして、数日間 様子を見て問題がなければ お願いするという方法も。
長時間、座っているので 体が疲れたり、静脈瘤ができてしまうことも。
待っている間、こまめに動いてみたり、体勢がきつかったら、遠慮なく クッションなどを借りたりしましょう。

 

 

美容室によっては、妊婦さんを断る場合もあるので 事前確認した方が良いかもしれません。

 

 

市販のカラーリング剤は、妊娠中の使用は控えてください。
という注意書きがある場合は、使用しないようにしましょう。

スポンサード・サーチ

妊娠中のエステ・アロマでリラックス♪


妊娠中もエステに行き、リラックスできるならば 構わないでしょう。

 

悪阻があり、きついのに無理していく必要もありません。
臭いに敏感になっている場合は、妊娠中期の方が良いです。

 

ただし、事前に 妊娠中であることを伝えておきましょう。エステサロンによっては、妊娠中の人には、ハンドエステのみ。
機械の使用はしないところもあります。

 

また、使用する化粧品も 肌荒れのしやすい妊娠中用に、変えてくれる場合もあります。

 

アロマオイルを使用する場合は、妊娠中は使用不可なアロマもありますので、
信頼のおける、化粧品類やエステに関して詳しい方の元で、エステを受けるようにしましょう。

 

 

妊娠中の脱毛は?

妊娠中の脱毛は、胎児に影響があるから禁止されているわけではありません。レーザーや光脱毛の場合は、ほぼ影響はないに等しいようです。
しかし、電気脱毛はダメ!!危険ですので、電気脱毛はやめましょう。

 

 

 

 では、胎児に影響がないのに なぜ、サロンでは妊婦の脱毛を断るのでしょう?

 

妊娠中は、思ってもみないトラブルが発生する場合が多いからです。
今までは、なんともなかった施術が 脱毛を行ったことによって、赤く腫れたり、炎症してしまったり。
また、脱毛後のケアに使用した化粧品で かぶれたり・・・。

 

そして、妊娠中は、ホルモンのバランスが変化して、体毛が濃くなったり、場所によっては薄くなったりと、脱毛の効果も感じにくく 妊娠中に脱毛を終了させたとしても、出産してからまた毛が生えてくることが良くあるからです。

 

妊娠したら、脱毛は一時中断し、出産して整理が再開されたら行うようにしたら良いと思います。

妊娠中期、後期の気になること一覧

スポンサード・サーチ