妊娠中の運動とダイエット

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠中のダイエットの進め方。

妊娠中のダイエットと言っても、妊娠していない時のような 食事制限をしたり、サプリメントや置き換えダイエットにしてみたり、激しい運動をするわけではありません。
妊娠中は、一番に胎児と母体のことを考えていかなければならないので、無理なダイエットは厳禁です。
私のように太り過ぎは良くないですが、痩せすぎもよくありません。

 

では、どのようにダイエットを進めていくのかというと、「カロリー消費」を重点的に行います。
妊娠中は少し食べ過ぎただけで、あっという間に体重が増えてしまいます。
増えてしまったカロリーを消費するだけで、過剰な体重増加は防げます。

スポンサード・サーチ

妊娠中のダイエットには軽い運動でも効果アリ。


妊娠中は、妊娠をしていない時に比べて、家事をするだけでも カロリーは倍近く消費しています。

 

例えば、洗濯物を取りこむだけでも カロリーは大きく消費されているのです。
産院で、安静を言い渡されていない限り、毎日の家事は進んで行いましょう。

 

また、妊娠後期になると 仕事も産休に入ったりして 家にいる時間が多くなると思います。
妊娠中期、後期ともに、自宅でじっとしているのなら、産院から禁止されていないなら 軽い運動を初めても良いでしょう。

 

軽くウオーキングしたり、マタニティビクスやヨガ、スイミングなど マタニティ運動をしてみるのも良いですね。
自宅でできる安産体操などもあるので、ストレス発散や ママ友を作ったりと気分転換にもなります。

 

また出産に備えて、体力も必要ですので、体力維持、持久力の獲得と出産の準備にもなります。

妊娠中のマタニティヨガ

妊娠中のマタニティヨガ
妊娠中のマタニティヨガは、多くの産院でも取り入れていると思います。
私の通っていた産院でも、母親学級同様、マタニティヨガの教室がありました。

 

私は、仕事をしていたので 教室には通っていませんが・・・。

 

マタニティヨガは、体重コントロールの他にも、腰痛、肩こりの緩和、運動不足の解消、お産が軽く済む(安産)ことを目的としています。

 

最近では、
マタニティヨガのDVD
なども発売されているので、購入して 自宅でも好きな時に運動できます。

 

自宅でもマタニティ教室でも、医師の許可をもらってから運動するようにしましょう。

 

また、許可があっても、体調の優れないときは無理に行わず、体を休めるようにしましょう。

 

マタニティヨガを始める前は、食後2時間以上経過してからするように。
床など直接座らず、マットなど敷いて行うと 足元が滑りにくく安全です。

 

妊娠中のマタニティヨガ

 

私は、マタニティヨガの経験者ではありませんので、きちんとした情報をお伝えできません。
以下は、東京の日本マタニティ・ヨーガ協会のホームページです。
東京のかた、その近郊のかたは、一度のぞいてみても良いかもしれません。

 

協会でマタニティヨガを体験された方の感想など多数掲載されていたので参考になるのではないでしょうか?
ブログでは、実際の様子がアップされていましたよ♪

 

日本マタニティ・ヨーガ協会のホームページ

妊娠中期、後期の気になること一覧

スポンサード・サーチ