妊娠中 歯の治療

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠中期・後期の歯医者

妊娠中期、後期のつわり の治まった時期に、歯医者に行くようにしましょう。
妊娠中は、歯医者に通うのは やめた方がいい。
レントゲンや薬、麻酔は心配だから 妊娠中は控えて、出産後に行った方が良い。
と、聞いたことがありましたが 母子手帳や副読本などにも記載されているよう、妊娠中に歯の治療を終えていた方が良い。
出産してからは歯医者に通うことが難しいため、妊娠中に。と 記載されています。
出産してしまうと、どうしても赤ちゃんのお世話で忙しく、歯の治療どころでは ありません。
少し、気になるなと思ったら早目に行くようにしましょう。

 

また、妊娠中は、カルシウム不足、歯の酸性化が進むため 虫歯の進行が早くなります。痛み止めも、自分の判断で服用することができないので、一度受診してみましょう。

スポンサード・サーチ

妊娠中の歯の治療。これって大丈夫??

妊娠中の歯の治療
妊娠中は、歯が痛むからと 医師の処方していない 痛み止めを飲むことはできませんよね。
だからといって、医師の処方した痛み止めって、お腹の赤ちゃんに影響はない?

 

歯の治療での麻酔は?
抜歯は?
歯が痛くなくても 歯医者に行くべき?
親知らずは、抜かないといけない?
治療に行く最適な時期は?
レントゲンの影響で お腹の赤ちゃんが被曝しないか心配・・・。
などなど。

 

歯医者での歯の治療は、妊娠中に。
と言われても不安なことだらけですね。
ここでは、疑問や不安を解消していきます。

 

 

妊娠中の歯医者での麻酔〜心配その1

妊娠中の歯の治療で、麻酔をする場合。
麻酔は、赤ちゃんに影響がないか心配ですね。

 

歯科医によると、
麻酔は胎児に影響があるほど濃度が高いものは一般には使用されていないそうですので、妊娠のどの時期でも 麻酔による影響はないに等しいそうです。
しかし、麻酔をする治療をするということは、痛み止めや化膿止めなどの 薬を処方されることになります。
薬は、妊娠中期以降なら大丈夫な薬や、妊娠中は処方しない薬などありますので できるだけ、妊娠中期以降に歯医者に行った方が良いでしょう。

 

 

親知らずの抜歯や歯を抜く〜心配その2

 

 妊娠中でも、初期を避けて中期以降なら 場合によっては歯を抜くこともあります。
 しかし、歯科医に妊娠中であると告げているなら、親知らずや虫歯での痛みが ひどくないうちは、抜歯はせずに 産後に抜歯をしましょう。と提案があったり、
妊娠初期の段階に通い始めたなら 妊娠中期まで抜歯や麻酔はせずに 応急処置をする歯医者さんもあります。

 

親知らず や虫歯で 痛みがひどい場合は、痛みどめを飲み続けることのできない 妊娠中は、抜歯することもあります。

 

抜歯後に処方される薬は、妊娠中でも飲める 薬が処方されたり、場合によっては、治療は歯医者で、薬の処方は産婦人科という場合もあります。
鎮静剤や化膿止めなど、抜歯後3日程度の服用なので、妊娠中でも 服用できる量となっているようです。

 

 

歯が痛くなくても、デンタルチェックを

妊娠中は、歯の状態が悪くなりやすいと言われています。
歯が痛くなくても、妊娠中期に入ったら 歯医者さんでのチェックをおすすめします。
もしも、虫歯が見つかっても 痛みがないなら、ひどくならないような処置をしてもらえます。

 

 

 

 

 

歯医者に行くのに良い時期は?

つわりの治まる妊娠中期以降が一番良い時期です。
妊娠初期では、処方される薬も限られますが、中期以降なら服用できる、また処置できる方法も増えたりするようなので、安定期に入ってからが おすすめです。

 

 

妊娠中の歯医者でのレントゲン

妊娠初期のレントゲンの影響でも、記載していますが、歯医者でのレントゲンは 全くと言っていいほど放射線量は微量です。妊娠中毎日毎日、レントゲンを撮り続けているなら、被曝している可能性はないとは言えませんが、歯医者でのレントゲンは胎児に影響はありません。

妊娠中期、後期の気になること一覧

スポンサード・サーチ