妊娠中食べてはいけないもの

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠中食べてはいけないもの

妊娠中食べてはいけないものというのは、特にはありません。
低カロリーで、バランスよく食べれば妊娠前の食事と同じでも大丈夫です。

 

ただ、一つの食べ物だけに偏って食べるのは良くありません。
また、しいて言えば
生もの。
は避けておいた方が良いでしょう。
妊娠中は、体調が整っていないことや、ホルモンバランスの変化により、今まで大丈夫だった食べ物が合わなくなったり、生もの系は食あたり を おこす可能性があるので 気をつけましょう。

 

野菜類も生で食べる場合は、きちんと洗い 寄生虫や虫を落して食べます。
寄生虫が体内に入り込むと 何かしらの影響がでる場合もあるので、できるだけ 温野菜にします。
しかし、日本で、寄生虫による胎児の奇形というのも聞いたことないので、そんなに神経質になる必要はありませんが、食中毒などの問題もあるので 食材には火を通して食べるようにしましょう。

 

 

温野菜だと、生野菜に比べて 量が増えても食べるのに きつくないと思います。
温野菜だと、野菜がたくさん 摂取できるので、おすすめです。

 

生レバーやチーズ、さしみ なども細菌が繁殖しやすいので注意してください。

スポンサード・サーチ

妊娠中のすし。食べてはいけない?

妊娠中のすし
毎日毎日、妊娠中すし ばかり食べるのはよくありませんが、たま〜に食べる程度なら神経質にならなくても大丈夫です。

 

ただ、夏や梅雨時期は、食中毒の問題もあるので 避けた方が良いです。

 

鮭の摂取しすぎには、注意が必要です。
鮭には、水銀量が多く含まれているので妊娠中の妊婦が好んで 多く食べるのはやめましょう。
極端に毎日食べるのではなく、たま〜に食べる程度で。

 

ただし、外国産の魚には 多くがダイオキシンが含まれている場合があるので、できるだけ国産の魚類にしましょう。

 

 

 


 

レバーは?


レバーは、胎児の発育にかかせない葉酸が多く含まれています。
葉酸は、食品だけでは、なかなか摂取する量が少ないため 葉酸の多く含まれている
レバーを食べる人もいると思います。

 

しかし、動物性の葉酸の摂取のしすぎは、胎児の奇形発生の可能性があるので、植物性葉酸やビタミン(緑黄色野菜)の摂取を心がけてください。

 

レバーは、体に良いのですが、過剰摂取はよくありません。
しかし、極端な食べ方をしない限り、大丈夫です。

 

野菜類で摂取する 葉酸やビタミンは、いくら摂取しても過剰摂取にはならないので、安心して摂るようにしましょう。

 

 

カフェイン


カフェインの過剰摂取も胎児によくないのは、ご存じですよね。
カフェインというと、コーヒーが代表的ですが、
緑茶や紅茶にもカフェインが入っています。

 

一日に2〜3杯程度のカフェインの摂取ならOK。
と聞いたことがあるでしょうが、コーヒーを一日3杯に、紅茶を1杯飲むとカフェインを多く摂取しすぎているので、コーヒー以外のカフェインにも気をつけましょう。

 

 

麦茶には、カフェインが入っていませんので 普段飲む飲み物は麦茶にし、リラックスしたい時などに コーヒーや紅茶など飲むようにしましょう。

 

妊娠中期、後期の気になること一覧

スポンサード・サーチ