出産で得をする?!病院選びで手当が返還される出産一時金の仕組み

出産にはお金がとってもかかります。
正直、一人目はしっかり計画をして貯金などをしていなかったので色々と大変でした…。

でも、とっても助かるのが健康保険に加入している人が受けられるサービス、”出産一時金”。
これがなかったらかなり大変です…高額な入院費などを一人当たり42万円の給付によって賄うことが出来ます。
この42万という金額は、ほとんど余らないものなのですが、

病院によっては5万円以上余って手元に帰ってくることがあるんです。

実際、私も事前に出産する病院選びの際にしっかり調査して最終的に6万円余りました!

そのあまったお金で足りなかったベビー服やおむつ、ミルクなどを購入することが出来てかなり助かりました…。

今から出産を控えている人や、病院選びに悩んでいる人など
出産に向けてできるだけ節約したいと考えている人は、私が行った病院選びの方法をチェックしてみてくださいね!

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

 

妊娠時の健康第一!

お金を余らせるためには、健康な状態で出産することがまず必須。
何かの病気になってしまったり、帝王切開などになるとどうしても入院費が高くなってしまうので
返還金はない、もしくは給付金では足りないということがあります。
節約の面でもそうですが、赤ちゃんを元気に産むためにも、まずは健康第一で!
お医者さんと相談して食生活や適度な運動など心掛けましょう。

 

ウィメンズパークの口コミをチェック!

uximennzu

ベネッセが提供するウィメンズパークというサイト。
このサイトでは地域ごとに産婦人科の口コミ情報が載っています。
他の病院紹介サイトよりもかなり件数が多く、参考になる口コミばかり。
しかも、最重要チェック項目の一つである

入院・分娩費などを記載する項目があるので非常に参考になります。

金額重視で病院を選ぶなら、この項目をチェックしてみて。
もちろん、病院の雰囲気やお医者さんの評価なども事細かにわかるので
産婦人科選びはこのサイトをチェックしなければ始まりませんよ!

 

やっぱり先輩ママに聞くのが一番?

ネットの口コミも非常にためになりますが、地域のことを調べるならやはりローカルな口コミ情報を得ることが大切。
知り合いなど先輩ママさんたちにどこで出産したか?金額はいくらぐらいだったか?
を聞いてみましょう!
そういった込み入ったことを聞ける間柄の人がいないなら、ネットに頼るしかありませんが…。
もし、周りにそういう関係の方がいればぜひ聞いてみてくださいね。

 

最終手段は病院に聞く。

eaa83aa4ba18689936637e574697822b_s

なかなか情報が得られない場合は、

自分が通える病院に片っ端から電話してみましょう。

これ、最終手段でありながら一番手っとり早い方法かもしれません。
病院によって対応がかなり違うと思いますが、丁寧にどれくらいの金額がかかるか教えてくれる病院って意外と多いんです。

個人的な経験談ですが、安いからと言って医者の質が悪いとかそういことはほとんどありません。
ベテランの医師がやっている個人病院とか優秀な医者が揃っている総合病院とかは余計なオプションがないので比較的安い場合が多いです。
新しい病院でいろいろなサービスがある場所は高い傾向にありますね。

そこまでして安い病院でなくてもいいや…という人は構いませんが、
できるだけ安い場所で…と考えるならぜひやってみて!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ