妊娠初期 お腹の張り

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

妊娠初期の症状〜お腹の張り

スポンサードリンク

妊娠初期にお腹の張りを感じる人も少なくは ないでしょう。
胎児が大きくなっていくにつれて、子宮も大きくなっていきますので、子宮が大きくなっていく刺激で お腹が張ってくることも よくあります。

軽い お腹の張りや痛み 出血もしていない 場合は、少し横になっていれば おさまる張りが多いのですが、強いお腹の痛みや 張りが どんどんひどくなり、出血までしてきたら要注意です。
お腹の張りが どんな状態なのかを見分けるようにしていきましょう。

妊娠初期のお腹の張りの原因

妊娠初期は、子宮が大きくなっていくにつれ お腹が引っ張られるような痛みや 張り感を感じることが よくあります。
家事を立ちながらしていると 少し張っているような気がしてきたり、、仕事をしている人は 特に お腹の張りがおこりやすいようです。

お腹の張りが 少し横になったり、休んでいたら、おさまるものなら心配する必要はありません。

 

しかし、お腹の張りが 体を休めても よくならない。
痛みが強くなってきた。

出血を伴う お腹の張りや痛み
がある場合には、切迫流産の可能性もありますので、速やかに産婦人科へ連絡しましょう。

妊娠初期のお腹の張りと痛み

妊娠初期は 少しのことでも心配になってしまうと思います。
こんなこと先生に聞いても いいのかな?

お腹が張っているような気がするけど、この程度なら大丈夫なのかな?
と不安ですよね。

妊娠初期、とくに初産の方は お腹の張りと痛みを少し勘違いしてしまうことが あるので注意しましょう。

 

お腹の痛みが 下腹部から性器近くまで(性器がピリピリする) ある場合、場合によっては切迫流産の可能性もあります。
このような痛みのときは、産婦人科へ行くようにしましょう。

 

お腹が張っている状態は、はっきりと わかるのは妊娠中期からでしょう。
胎児も成長して、子宮も大きくなり 出産前になると 出産に備えてお腹が張ること(お腹がカチカチ)がよくあります。

しかし、妊娠初期の張りは 子宮が大きくなる過程で張っていると感じたり、仕事をしている人が とくに張りを感じるようです。妊娠初期 お腹の張り

 

重いものを持ったり、長時間立ちっぱなしでいると、張りや痛みがでることもよくあります。
少し休めば、張りがおさまる場合でも、痛みがあるなら 産婦人科へ連絡しましょう。

切迫流産の手前かもしれませんし、医師でないと判断はつきません。

 

私の場合は、お腹の張りと下腹部痛が少しあり、横になって休んでいたら 出血していました。急いで、産婦人科へ連絡し、受診しましたが 異常ナシの診断。
出血しただけでも不安なので、産婦人科へいって 調べてもらうことで、お母さんも安心することもあると思います。

妊娠中の不安は、その場で解消するようにし、ストレスを溜めこまないようにしましょう。
ストレスが お腹の張りや痛みの原因になることも ありますので。

 妊娠初期のお腹の張りとガス

妊娠すると便秘がちになってしまう妊婦さんや もともと便秘気味だった方は、ガスが溜まりやすく お腹が張ってしまうことがあります。

 

これは、切迫流産などの危険性の高い お腹の張りではありません。
妊娠すると、黄体ホルモンというホルモンが 常に分泌されるので、ガスが溜まりやすく、便秘がちに なってしまうのです。

ガスが溜まることは 不思議なことでも異常でもないので 安心してくださいね。

 妊娠初期の便秘薬

妊娠中は、薬を飲むのに 対抗のある妊婦さんもいると思います。
市販薬や、妊婦であると告げずに 薬を処方してもらうと 心配ですが、

産婦人科や他の科の医師に 妊婦であると告げての薬の処方なら問題はありません。

 

処方してもらったけど、怖くて飲めない。
という方が、かえって 便秘で苦しんだりしてしまい ストレスやイライラが溜まってしまい 体にも精神的にも よくありません。

便秘がひどい場合は、医師に相談して 便秘薬を処方してもらい、きちんと服用しましょう。
妊娠中なので、妊婦さんに安全な薬を処方してくれます。

 

必ず、産婦人科で処方してもらってくださいね。
他の科での薬の処方の際は、必ず、妊娠中と告げてください。

スポンサードサーチ