妊娠初期とビタミンA

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み がっつり節約ブログ

妊娠初期に不可欠なビタミンA

ビタミンAは 妊娠初期には欠かせない栄養素です。
胎児が重要な器官を形成していく時期に ビタミンAが不足していると
奇形発生の危険があると言われています。
では、ビタミンAが不足している状態とは どのような状態でしょう。
体のだるさ、顔色が悪い、緑便、肌荒れ などの症状が出始めます。
つわり でも体がだるい、食事が取れなく肌が荒れることもありますが、
ほとんどの妊婦さんは 今までに体内に蓄積してきた ビタミン類が胎児へ栄養として運ばれるので 気にする必要はありません。
どうしても気になる方は、葉酸サプリメントで補うか、病院で訪ねてみましょう。

 

 妊娠初期のビタミンAの過剰摂取はよくない?

厚生労働省はビタミンAを1日に5000IUまでが上限許容量とされています。
サプリメントの過剰摂取(指定量以上飲む)は良くありません。

 

野菜をたくさん取りすぎたと 心配される方もいますが、野菜は体内のビタミンAが十分な量ならビタミンAには変化することなく、Bカロテンとして体内に吸収されるので、緑黄色野菜や海藻は進んで摂取しましょう。

 

しかし、動物性食品に含まれるビタミンAの成分のレチノールを毎日、1日の上限許容量よりも遥かに上回る量を摂取し続けていると、胎児の奇形発生の恐れがあると言われています。

 

毎日、毎日、動物性食品の過剰摂取は よくありませんが、普通に生活しているなら 一万単位のビタミンAの摂取どころか、1日5000IUすら摂取することは 難しいので 普段通りの生活を心掛けましょう。

スポンサード・サーチ

その他 ビタミン類の効果と危険性

 ビタミンB

ビタミンBは妊娠初期に取りすぎたからと言って、胎児に異常は発生しません。

 

 ビタミンC

ビタミンCを過剰摂取すると、妊娠中の悪阻、つわり がひどくなる恐れがあります。
また、妊娠中毒症を発症させる恐れがあります。

 

 ビタミンD

ビタミンDを摂取しすぎると、高カルシウム血症。胎児の骨格異常、
精神発達の遅れが発生することがあります。

 

 ビタミンE

ビタミンEは、流産や早産を防ぎますが、摂取しすぎても特に効果はありません。

 

 

どのビタミンでも、過剰摂取は良くありません。
取り過ぎると、悪いものもありますが、だからと言って ビタミン摂取を怠ると
ビタミン欠乏症などの重大な病気を発症してしまいます。
バランスよく 摂取しましょう。

妊娠初期のビタミン剤の摂取 効果

ビタミン剤
ビタミン剤やマルチビタミンを妊娠前、妊娠初期に摂取すると、
出産後の子供の脳腫瘍の発症率が低くなると言われています。
妊娠後期に摂取しても 無意味です。
また、妊娠初期の過剰摂取もよくありません。

妊娠初期の葉酸サプリメント

妊娠初期に不足しがちな葉酸をとることは、厚生労働省も推奨しています。
しかし、葉酸サプリメントを摂取することに抵抗がある人もいるでしょう。
葉酸の1日の上限摂取量は、1000ugです。
食事だけで、葉酸を取るには、1日30品目をバランスよく摂取し続ける必要があり、摂取できても 1日600ugまで摂取できるかどうかでしょう。

 

@コスメで1位の」安心な葉酸サプリメントとして妊婦さに飲まれている

オーガニックレーベルの葉酸」を例にとってみると、
オーガニックレーベルの葉酸は、1日2粒で、葉酸400ugを摂取できます。
毎日、食事から600ugを摂取して、サプリメントを400ug摂取しても 1日の上限1000ug
ですので、食事に加えてサプリメントで補っても大丈夫な数値となります。

 

しかし、毎日の食事だけで600ug摂取できるのであれば、葉酸サプリメントは摂取する必要はないでしょう。
厚生労働省が推進している葉酸の量は、1日400ug以上ですので、400ug摂取できていれば問題はありません。
毎日の食事だけでは、葉酸不足だと思われる人は、葉酸サプリメントを活用しても良いでしょう。

 

オーガニックレーベルの葉酸30日分が、今なら送料だけでお試しできるチャンス!

 

 

 

 葉酸、ビタミンの過剰摂取

葉酸やビタミン類が、胎児の発育を助けますが、過剰摂取はよくありません。
ビタミンを たくさんとるなら 野菜類から摂取するようにし、
動物性ビタミンだけを毎日 食べ続けたり、過剰摂取することは避けましょう。
バランスよく、自分に足りないものを サプリメントで補うように努めましょう。

妊娠初期と食事についての一覧

スポンサード・サーチ